大自然の恵みがヘルシーおいしい。

熊本で誕生した和牛の1つである褐毛和種、地元では”あか牛”と呼ばれ、親しまれています。

ほどよい脂肪分と赤みの旨さ。
あか牛はカラダにも優しい牛肉です。

あか牛には和牛本来のおいしさがあるといわれています。これは、赤身に凝縮された旨味、ほどよい脂身と甘さのおかげで、幅広い年齢の方に召し上がっていただける食べやすいお肉です。ぜひ一度、赤身のおいしさを実感してみませんか。

あか牛は熊本で誕生した
日本の「和牛」です。

和牛には4つの品種があり、「くまもとあか牛」となる褐毛和種(あかげわしゅ)もそのひとつです。阿蘇の草原での放牧に適した牛として改良が行われ、誕生しました。体が丈夫で性格は穏やか、牧草しっかり食べてのびのびと育っています。

牧草などを中心に安全・安心な
飼料で育っています。

あか牛は、牧草や稲ワラなどの粗飼料とトウモロコシや麦などの安全な飼料で育てられています。阿蘇の草原を利用することで、草原の景観維持にも貢献しています。

生産量日本一。

現在、あか牛の約7割にあたる14,500頭が熊本県かで生産されています。どの生産者も、安全・安心でおいしい牛肉をお届けできるよう、自然と調和を図りながら育てています。